ネットワークビジネスの権利収入で年金貧乏から脱出なるか?!

ネットワークビジネスに興味を持つ要因に権利収入の存在は大きいのでしょうね。
権利収入は働いている世代にも心強い味方ですが、労働収入があてにできなくなった
年金生活の方こそ、必要なのではないのでしょうか?

年金生活をリッチにする権利収入への扉はここ!

lgf01a201405290400_thumb.jpg

私の一昔前の年金生活者はとてもリッチなイメージでした。

時間に縛られたサラリーマン生活を卒業(退職)し、住宅ローンの残りなどは
退職金で完済、言葉どうりの第2の人生のスタートです。
夫婦共働きだった場合などの年金額は
下手な現役世代の収入を上回る額だったりもしました。

 

夫婦で趣味を楽しんだり、旅行に行ったり、万が一病気の際にも
老人医療が充実し、治療費に困っただなんて話は当時は聞いたことが無かったようにも
思います。

 

でもそれは長い間、きちんと税金を納め、家族を支えてくれた
高齢者へのご褒美みたいなもので、そうであって当たり前だと思っていました。

しかし時代は変わり、自分の親と夫の親、両方が年金世代に突入し
すでに何年も過ぎていますが、私の年金暮らしのイメージが
随分昔と違う現実となって襲いかかってきます。

 

女性が家庭を守ることが当たり前だった父母の世代は夫婦
合わせても年金額がひと月15万円ほどだという話を聞いたことがあります。
それもそこから介護保険、市民税など引かれるとさらに
年金額は減っていきます。

 

とても趣味や旅行を楽しんだりする余裕はありませんね。(-_-;
また、意外と出費も多いのが年金世代…。

孫に何か買ってあげたい…。

お付き合いの香典代もバカにならない…。

 

生活だけでもいっぱいなのに、年を取れば病院にお世話になる機会も
多いのにもかかわらず、治療費が心配で、受診をためらう人も多いようです。
これが長い間社会を支えてきた人の老後かと悲しくなってきますね。

 

私がネットワークビジネスの権利収入に興味を持ったのもこんな両親の姿を
目の当たりにしたせいもあるかもしれません。

 

もちろん自分たちの時代が心配なのもあるのですが、何より両親が元気でいてくれる今、
少しでも今の年金生活を楽しいと思ってもらえるよう、権利収入があれば
援助できる選択肢はもっと増えるのは間違いありません。

↓↓↓↓↓

年金生活を不安に思わない為の権利収入構築法!

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ