バター不足は将来酪農家を失う予兆??

バターはどうして不足する?

003

 

バターは何年かごとに、不足のニュースが回りますね。
それは、バターの生産が一番の後回しだからです。
後回しになるのは?
単純に「賞味期限が長いから」です。
生乳は保存性が低いので、大量にストックができません。
そして、生クリーム、チーズ、一番後回しになるバターです。

後回しだからこそ尚更生産がされないのは、生乳不足も拍車を
かけています。

生乳不足は昨年末の猛暑が乳牛の体調を低下させてしまって
いるのも原因の一つと挙げられています。
この一年の下げ幅はダントツだそうですが、長期で見ても
この20年間で国内の生乳生産量は継続して右肩下がりです。

生産量不足の最大の原因は酪農家の減少です。
農家全般にそうなのですが、酪農家に関しては40年間で
40万戸が2万戸にまで減少している事実があります。

経営維持の難しさ、TPPへの不安もあり離農が止まらないのだ
そうです。
バターが日本国内で消費する分も賄えていない現象
なぜ今この価格なのか?
ということを考えることも大切ですね。
もし、好きな職業を副業で支えて続けることができるなら?

志ある本業を、支えてくれる副業収入があったとしたら?

簡単なことではありませんが、不可能なことではありません。
守るべき職業職種も、実はたくさんあると思うのです。

稼げないからと諦めてしまわれる職業を増やしてはならない。

しっかりと基盤を作ってくれる副業の存在を知り、生涯、仕事と
どう付き合うかを考えてみる。
副業といっても、ちゃらいものではありません。

稼ぐということは、誰かの役にたち、喜ばれたからからこその報酬です。

インターネットでのビジネスは、特殊なスキルは必要とはしません。
だからこそ、心を育て、人を育てます。

 

本業と副業のメリットや並行の素晴らしさを知り、一つの収入に固執しない

柔軟に稼ぎ、しっかりと自分自身で年金的収入となる権利収入を構築します。

権利収入型ビジネスは副業で稼ぎます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ