パート主婦の悩みのタネ!年収103万円の壁

主婦が年末に近づくと悩むのが年収103万円の壁です。

パートで働いている主婦年収103万円の壁を越えてしまうと、

夫の扶養範囲内で働くことができなくなったり、
夫の会社から家族手当の対象に
ならなくなるので、調整が必要なのですよね。

kawaguchi
私のプロフィール

年収103万円の壁はパート主婦の悩みどころなんですよね。

賢く稼ぐ大人女子の在宅副業成功法

働いているパート先には年収103万円以下で働くと
伝えて了承を得ているというものの、年末の忙しさで、
休むことを伝えづらかったり、

一緒に働くパート主婦同士で、扶養から外れている人と
外れていない人の壁があり、
人間関係もごちゃごちゃあったりと悩むようですね。

主婦の悩みランキングでも気になる103万円の壁

それでもパート主婦が103万円以下の年収に抑えたほうが
よい理由はあるのでしょうか?

パート主婦は夫の収入額から配偶者控除や配偶者特別控除の金額が
異なるんです。

それにより家庭の所得税や住民税、などの税金の金額が
変わってきますから、ここは慎重になりますよね。

働いて収入が103万円以上超えてしまった場合に、逆に税金を
徴収されて、世帯年収が減るとなると切実です。

パート主婦の年収が103万円以下なら所得税も非課税になり、
夫の配偶者控除もうけることができます。

141万円未満の場合は配偶者特別控除もさらに受けられます。

ちなみに住民税は年収100万円以下が非課税対象になりますよ!

賢く稼ぐためには年収103万円の壁対策は必須ですね♪

だとしたら、税金を徴収されても、さらに世帯年収を増やす方法を
考えてみてもよいかもしれませんね。

それも完全在宅で自宅にいながら、インターネットで稼げる方法があったら♪

夫婦一緒に楽しく副業♪インターネットで権利収入を構築する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ