妊娠・出産経験の働き方で人生の稼ぎ方も変わる!在宅ビジネスでのメリットとは

結婚・妊娠、そして出産。

子供が生まれてからも今の職場の仕事を続けたい。
育休からスムーズな復帰後の働き方を想定して頑張る
ポイントとは?

035

育休後の不安の一つに、復帰の職場に自分の居場所が
あるのかどうか。

妊娠出産でさえも不安もあるのに、職場の不安はさらに
違う重みを増しますね。

安心して休むためにも、あなた自身の得意分野を作り出し
職場で必要とされる人材として頑張ることも大切です。

ぜひに戻ってきて欲しい人になることです。

また会社によって、育児休業期間、時短勤務期間など
取得できる期間が、法の規定よりも有利、または不利な場合も
あるので、自身で自分の職場の制度を把握しておくことです。
妊娠・出産に関する法律には、妊娠中にも安心して働けるように
労働基準法や男女雇用機会均等法には働く妊婦を守ってくれる
法律があります。

・ラッシュ時を避ける時差出勤ができる。
・本人が望まない時間外労働が禁止されている。
・負担の少ない業務に配属転換してもらうことができる。
・会社に申請すれば勤務時間内でも妊婦検診のために通院することが
できる。
・産前産後休業中とその後30日間は、どのような理由があっても解雇
することを禁止している。

妊娠中はあなた一人の身体ではありません。
しっかりと知っておきましょう。

項目によっては自分から申請しなくてな適用されないものもあります。

出産後も今までの職場で頑張るのなら、自身での準備をすることは
必須ですね。
ただ、今の女性たちには、働き方を選べます。

子供に寄り添い、成長を見守りながら生きる。

自宅で仕事ができて稼げるという働き方もあります。
インターネット環境があれば、在宅ビジネスで子供の成長とともに
自身の収入を構築拡大していきます。

自宅で稼げるなんて、なんて都合がいいのでしょう。

ですが、こつこつとした努力は必要です。

毎日に1時間でも数十分でも、ビジネスをする習慣を植え付けるのです。

生活のリズムの中に習慣化できればしめたもの。

ありがたい副収入からやがては給料レベル、それを超える不労所得・権利収入にも
膨らましていくことも可能です。
さまざまな経験が糧にできる在宅ビジネス。

女性には自宅で稼げるシステムは本当にありがたいことです。

子どもの成長はその時だけ。
見逃さず、しっかりと見守り、家族、親子の信頼を構築しましょう。
自宅で稼ぐ在宅ビジネス、子どもの成長とともに収入と稼ぎ力も成長!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ