学費貯金は月1万円で大丈夫ってホント??

30代の教育費の不安をなくす方法

子どもの学費貯金は月1万円で大丈夫ってホント??

「月1万円の子ども貯金で、目指せ学費500万円」ってどうやって実現するんでしょうか・・・?

お子さんをお持ちの方、学費貯められていますか?

教育こそ親が与えられる最大の資産、必ずかかるとわかっているお金ですから、確実に貯めていきたいですよね。

でも、月々の生活だって決して贅沢しているわけでもないのに、なんだか先行き不安なのが私たちの世代。

うまく貯めるにはどうしたらよいのでしょうか?

漠然と余った分を貯めているだけでは、ついつい他の費用に消えて行ってしまいます。

ポイントを抑えて学費を準備しましょう。

まず、児童手当は月の生活費や子供費にってしまわずに、学費として専用口座に貯めます。

児童手当を全部貯めると、約200万円になります。
これだけのお金をあわてて貯めようと思ってもうまくいかないですよね。

本当は、子ども名義の口座に貯められるといいのですが、児童手当は親の名義にしか振り込んでくれませんので、生活費とは別に口座を作ってそちらに入れるようにしましょう。

なんだか使ってしまいそうで不安という方は、キャッシュカードは作らない、捨てるというのも方法ですよ。

200万円ではまだまだ不安ですので、それ以外に、月に最低1万円を貯めるようにしましょう。

給与口座から積み立てると安心ですね。

ということで、児童手当は全て貯蓄、月々最低1万円の貯蓄。

これでひと安心!?

かというとそうでもないんですね(涙)

「オール私立だと教育費に2500万円かかる」と言われています。

何もオール私立にする必要はないと思いますが、東京では中学から私立から、というのはそんなに珍しいことではありません。

無理のない資金計画で、親子共にプレッシャーのない教育計画をたてましょう。

小、中、高での入学もろもろにかかるお金はその時々の生活費や予備費から出せるようにするのがベストです。

月に1万円の貯蓄、そして小、中、高の入学で頂くお祝い金は貯金。

貯金の利率はすずめの涙ほどですから、ネット銀行などで少しでも利率のいいところを選びましょう。

こと子どもの学費に関しては冒険よりは守りに入った方がいいですね。
元本割れのリスクは避けたいところです。

ただ、赤ちゃんが生まれたばかりでしたら、実際にお金が必要になるまで15年以上あります。

うまく運用して増やしながら貯める、というのも可能になりますね。

ちなみに、教育費を貯めて一息つく暇もなく、親世代は老後に突入。

そこから貯め直しでは、足りるのかな?そのころ会社のお給料はどうなっているのだろう・・・?

私たちの世代にお金の不安はつきませんよね・・・

月にいくら、いつまでに何百万貯めれば安心といった指標は正直、あてになりません。

でも、何かあっても収入が入り続けるという状態であれば、貯金しながらでも、老後や教育だけでなく「今」を豊かに生きることができると思いませんか?

お金に不安のある人は、今から副収入のネットワークビジネス。

しかも、今はインターネットでできるネットワークビジネスもあります。

副業として長く安定した収入源を作っておくというのも、選択肢に入れてみるといいかもしれません。

とはいえ、インターネットでのネットワークビジネス。

いきなり始められるものでもありませんよね。

気になる人にだけ、とっておきの方法をお教えします。

30代の教育費の不安をなくす方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ