専業主婦願望が働く女性に増えているのは良い事?悪い事?①

今、未婚の働く女性の中で結婚したら専業主婦になりたいという
女性の割合が急増しているようです。

社会的にキャリアも積んで、仕事を続けられる環境も整っていてもなお、
働く女性専業主婦を望むのはなぜなんでしょうか?
理由を考えてみました。

【注目】専業主婦でも出来る在宅ビジネスあります!

mig_thumb.jpg

専業主婦になりたい理由の一つに、家事に手を抜きたくないというのが考えられます。

もともと仕事にも打ち込んで成果を上げてきた女性は
やり遂げるとか、完璧という事に重きを置く傾向にあるみたいですね。

いつも家は掃除が行き届き、家で旦那さんが気持ち良く過ごせるような環境を作ったり、
食事にもこだわり旦那さんの健康管理もバッチリ、何事もしっかりそつなくこなしたいという
気持ちが強い為、仕事を続けたら、どこかに手を抜いてしまうのが嫌なので
専業主婦になりたいのではないのでしょうか?

もちろんそれは自分の為の願望だけでなく、働く旦那さんをサポートしたいという
気持ちに他ならないとは思います。

そのうち子供でもできたら、尚更ですよね。
子供が小さいうちはしっかりと自分で成長を見届けて、子育てに専念したいと
思う気持ちは理解も出来ます。

どんなに体制の整った会社でも妊娠中の仕事の影響や産休後の復帰のストレスなど
その場になってみないと判らない不安も多くあります。

余裕のある子育てをしたいからというのも納得の理由ですね。

でも実は、これは体面上で、ただ働きたくないからという隠れた理由も存在するようです。

もう社会で頑張るのは疲れてしまった。

そもそも暮らしていけるのだったら働きたくない。

結婚したら男が働くのが当たり前で、女は専業主婦になるのが
当たり前という固定観念。

こう考える女性は、収入重視でパートナーを選ぶ傾向にあるようです。^^;

どういう理由があるにしろ、今、専業主婦になりたい女性の割合はかなり多いのは
事実のようです。

しかし専業主婦で居たい女性が考えなくてはいけない、いくつかの問題もあります。

続きは、 専業主婦願望が働く女性に増えているのは良い事?悪い事?②  を
見ていただければと思います。

↓↓↓↓↓

専業主婦でいるためには、この方法が最適です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ