幼児教育の無償化拡大は先送りです。

幼児教育の無償化拡大は先送りです。

2020年までに3~5歳児の幼児教育無償化、少なくとも5歳児に
おける親の世帯年収360万円以下の家庭を無償化の対象にしたいと
していた幼児教育支援策、2015年度予算編成の焦点となってましたが
幼稚園にかよう3~5歳児を持つ低所得世帯への負担軽減などにとどめると
決まりました。

 

021

消費税率10%への再引き上げの延期による財政的に厳しいとの判断も
あったようです。
幼稚園関連の予算は前年度比増の402億円となるが、年収制限に基づく
幼児教育の無償化対象の拡大は先送りされました。

前進したいが歩みは弱く、2020年までに実現するための財源確保が
大きな課題となります。

国や政府に頼るばかりではなく、私たち自身の自助努力による
収入自体を増やしていくこを考えることも重要です。
♦♦・*:..。♦♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♦・*:..。♦♦*゚¨゚゚・*:..。♦

選択肢を増やそう。
もし、子供の成長を見守りながら収入構築が可能なビジネスがあるとしたら?
いつでもどこでも、どんな環境にも左右されないビジネスです。
子供と一緒にいて、成長を見守れる暮らしを手にいれるには在宅ビジネスという
選択があります。
子育てしながら自宅で収入を得るビジネス。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ