在宅ワークって、クライアントに縛られるお仕事ですか?

019

在宅ワークってどんなお仕事?

在宅ワークの多くは自分で仕事を進めていくものですので、時間は自由ですが決まった休みというものはありません。 全て自分で決めていくのです。 ダラダラするとすぐ時間が経ってしまいますので、たとえばクライアントからの依頼の仕事の場合だと、納品日までのスケジュールを決めて計画通りに仕事を進める必要があります。

ですから、日曜日だから仕事が休みということはありませんが、言い換えれば「納期を守れるのであれば、いつ休んでも構わない」ということになるのですね。かなり自主的ですから、自己管理の甘い人が簡単に務まるような仕事ではなさそうです。

 

在宅で出来るが依頼の仕事は大変!

在宅ワークは業務のスケジュールを組む中、予定がある場合は予定を優先的にいれながら、自由に管理することができる事は在宅ワークのメリットになってきますね。

でも、クライアントから依頼される仕事の場合は、いくら在宅ワークと言っても、納品の日が近くなればなかなかゆっくりと仕事を休むことができなかったり、睡眠不足になってしまうことだってありますよね。

こうした日が連日続いてしまうと、健康的に仕事をすることができなくなってしまいます。運動をする時間までなくなってPCとにらめっこが出来るのは、それほど長くは続けられないものです。ですので、できる限りスケジュールに余裕を持って計画する事が大切になってきます。 それを依頼の仕事が溜まっているからと言って、キツキツな状態にしてしまうことで後々自分の首を絞めてしまう結果になることもありますからね。

少しでも余裕を作ることができたら、休みの日は在宅ワークを全くやらずに、ゆっくりと休むということも大切な仕事の1つになってきます。

 

もっと自分のペースで出来る在宅ワークはないの?

小さな子供がいると、正直在宅ワークどころではないのではないでしょうか。 そこでもっと依頼で来るような仕事ではなく、こちらで好きな時に好きなだけ、顧客を呼んで来れるような、夢のような在宅ワークを私は行っています。

 

しかも、権利収入ですので、続けていくほど右肩上がりで報酬はうなぎのぼりです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ