在宅ワークで経済的自立、ネット初心者の主婦でもできるのだろうか

lgf01a201406141900

在宅ワークといえば、昔は内職しかありませんでした。

その報酬は、何円、何銭というもので、経済的に自立など不可能でした。

 

最近の在宅ワークの傾向

でも、最近の傾向として、インターネットを使うことで、会社に勤めている社員さんと同じような仕事を在宅で行い、まあまあの収入を得ている人も少なくないようです。

実際、経済的自立まで行かなくても、内職に比べたら、満足できる金額を稼げてほくほくの奥様もおられます。

あ、私も、在宅ワークといえば在宅ワークですね。

私の話はプロフィールで見て頂くとして、今日はネット事業を興す場合ではなく、登録して会社から報酬を頂く、一般的な在宅ビジネスについてまとめてみます。

 

在宅で働くのはどういうとき

会社を辞め、次の職場が見つかるまでのつなぎ、つまり腰かけとして行ったという方もいらっしゃれば、病気やけがなど、外で働けなくなったからという理由で一時的に従事するケースがあるようです。

育休中や介護の期間も、在宅ワークを始めるきっかけになると思いますね。

 

在宅で働くためにどんなスキルが必要

今では、パソコンをお持ちでない家庭は少ないと思います。ザックゥで有名なJcomなどのケーブルテレビでも、インターネットの契約ができますから、本当にネットの普及率は高くなりました。

このような現代なので、家にいながら収入を得る方法を求める人が増え、そのニーズにこたえて、在宅ワークを紹介するサイトが多くなりました。

こちらのサイトは、参考になりそうです。

完全無料でスタート可能な初心者におすすめネット内職ランキングをご紹介

http://www.zaitaku-worker.info/articles/1/

中には、メールのやりとりだけで仕事が成り立つ仕事もあるようです。

それだったら誰でもできるので、子供が小さかったり、病気がちだったりしてお勤めに出られない人も、自宅で収入を得ることができます。

一般的なイメージとしては、インターネットを使った仕事というと、特別な知識やテクニックがなければできないと思われがちですが、よく調べてみると、仕事の内容は範囲が広く、オフィス、それもエクセルやワードが使えるという程度でも、問題なくこなせるデータ入力のような仕事もあるようです。

これならば、誰でも気軽に取り組める仕事といってもよさそうですね。

 

どんな仕事がメインなの

これは、やったことがないので、具体的な説明は勘弁してほしいのですが、たとえば、掲示板へ書き込み(内容な決まっている)する仕事があります。

これを行うには、文字を入力するスキルととメールの送受信ができれば楽勝ですね。

ちょっと緊張しそうなのは、自費出版する本の大学の先生の手書き原稿をデータ化するという仕事もあるそうです。こちらも、特に特別なスキルが必要なさそうです。

これら、単純な作業仕事の他、専門的な知識を生かした記事のライティングや、officeのようなソフトをある程度使いこなせる人しかできないような仕事も、もちろんあります。当然なながら、単純作業に比べて報酬額も高いと思いそうです。

この記事のライティングって、おもしろそうですね。

私は、頼まれて書いたりしたことがないのですが、1,000文字程度の記事で、200円位だそうです。

安い!!

この値段なら、逆に頼みたいくらいですね。

あ、だから、在宅ワークとして成り立つのか・・・

 

始めるときは、どんな点に気を付けたらいいの

先ほど紹介したサイトには、3つのポイントが書かれていました。

内職初心者は、初期費用や月額が一切かからないものからスタートするのがオススメだそうです。

2~3つのサイトに登録し、相性を確認しよう

簡単な仕事からはじめよう

お支払いは、現金のほか、amazonギフト券で支払われる場合もあるようです。

どれくらいの報酬になるか興味があり、いくつかのサイトで調べてみましたが、実際に従事している人の話では、外へアルバイトに出て働く方が、間違いなく収入はいいと書かれていました。

つまり、経済的自立には、在宅ワークは適さないということでしょうね。

でも、インターネットで権利収入を作るビジネスモデルも、一部存在するようです。

ネットで稼いで 全部使えて 老後までセレブ生活って最高だと思わない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ