専業主婦願望が働く女性に増えているのは良い事?悪い事?②

今、未婚の働く女性の中で結婚したら専業主婦になりたいという
女性の割合が増えている話は以前にお話ししましたが、

実際に働く女性専業主婦になった時
どんな問題や気持ちの変化があるのかについてのアンケートがあります。


【注目】専業主婦でも出来る在宅ビジネスあります!

mig_thumb.jpg

まず「仕事を辞めなければよかった」と思った瞬間はありましたか?の問いには
64.9%の人が「ある」と答えています。

中には「産休や育休を使える雰囲気のある職場ではなかった」
「残業が多い職場で前と同じようには働けなくなってしまった」などの、
やむを得ない事情で辞めた方もいるのですが
希望して専業主婦になった場合でも辞めなければよかったと思う訳ですね。

どのような時に「仕事を辞めなければよかった」と感じたのか聞いてみると

金銭的な余裕が欲しいと思ったとき(63.1%)がトップでした。

具体的な内容としては
「自分に経済力が無いことを理由に離婚を我慢しなければいけなかった」や
「子どもや自分のために、好きに使えるお金がない」
が特に多く、他にも
「社会と切り離されたように感じ、ふさぎ込んでしまうことがある」
「専業主婦だと、いくら家事を頑張っても報酬はないし、やって当たり前の
ように言われ達成感も無い。」
「一度退職し、子持ちで再就職することが極めて難しいと感じた」

など、その立場にならないと実感しにくいものも多いようです。

幸せはお金だけで測れないけど、実際にお金が自分のしたい事や夢を
現実的に叶えてくれる物には違いありませんよね。

今どんなに恵まれた環境で働いている旦那さんでさえ、少し先の見えない事ばかりです。

驚かすわけではありませんが、一流企業に勤務して人並み以上の生活を
していた人でさえ、突然会社が倒産し路頭に迷う話は珍しくなくなりました。

しかし、専業主婦になって家族を支えたり、子育てに専念したいという
女性達の気持ちも痛いほどわかります。

そんな女性たちに必要なのはで継続して権利収入を得ることができる在宅ビジネス
なのではないのでしょうか?

↓↓↓↓↓

専業主婦でいるためには、この方法が最適です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ