在宅副業のススメ!増え続ける老後の貧困!現役世代も予備軍です。

現在、およそ600万人の高齢者が一人暮らしをしています。
単身高齢者の相対的貧困は極めて高く、高齢者の単身女性では
半分以上の52%が貧困化で暮らしているのが現実です。

年金の受給が低いこと、働いても賃金が少ないこと、家族からの
仕送りも期待できずにいます。

子ども家族だって仕送りの余裕もないことが現実、事実、より深刻な
問題として、現役で働いている世代も多くが老後の貧困に陥る問題で
あることなのです。

実際に年収400万円程度だと、老後にもらえる年金額は月20万円を
下回る計算になるのです。

ですが非正規雇用、不安定雇用が拡大しているなか、それ以下の年収で
あることが多いはず。

生活保護基準をわりこんだ年金支給額しか受け取ることができないことが
予想されてしまいますね。

高齢になるにつれて介護や、自身の病気など予期せぬ出費も増えていきます。
自分自身で老後を暮らせるための資金作りを、今から本気で考えなくては
なりません。

収入を増やすためにはどうすれば良いのか。

労働を増やすばかりではありません。
事実、今の労働以上に働くことは、体力的にも精神的にも辛いことが
増えてしまいませんか。

僅かに増えた収入で、ストレスと疲労を増やしてしまっては、より豊かな
未来への希望は持てません。
インターネットでの在宅ビジネスは、自宅で活動ができる新たな副業活動です。

自宅での活動には、インターネットの環境があること。
家族、子供の身近にいながら、家事の合間にこつこつと活動することで
お小遣い稼ぎから、不労所得となる年金的収入にまで拡大構築する可能性を
大きくもっています。
増えない収入に嘆いている間に、インターネットでコツコツ構築すれば
半年後・一年後には、暮らしが変えられるかもしれないのです。
本気で収入を増やしたいのなら、一歩を踏み出し、行動あるのみです。

自宅での作業が孤独と感じてはいませんか?

ですが、稼げるということは、誰かの役にたっているということが根本です。

一人では稼げないものです。

在宅ビジネスは、収入のみならず、ネット上での人間関係構築のスキルもUPさせて
くれます。

インターネット界は、家族や職場」以外にも相互に助け合えるネットワークを
作り出すことが可能なのです。
未知なる豊かな可能性を多く持っていますね。
自宅でできる!はあらゆることにおいて大きなメリットであることを実感できます。
年収400万円以下なら自分で昇給!在宅ビジネスで不労所得構築!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ