年金が頼りにならないなら自分自身で年金的収入の構築を!

定年が消える?労働力として生涯現役。

日本の労働市場の実情です。

015

今、定年制がなくなりつつあります。
人手不足から、高齢者の採用を積極的に進める業界も
多いのです。

高齢者側も月に5万円から10万円程度の年金だけでは生活が苦しく
「働けるうちは働きたい」と、定年退職後も仕事をする高齢者が
圧倒的に増えています。

長年の経験値に対しても評価が高く、やめられては困るとつなぎ止めたいと
考える企業側の希望もあるそうです。

実際に、高齢者の貧困化は大きな問題となってきています。
この貧困が進めば、生活保護者が増え、財政への負担も増すばかりです。

負のスパイラルはますます加速するでしょう。
どうせならしっかり稼いで年を重ねながら、税金を納めてあげ続けられる
稼ぐも生涯現役を目指しませんか。

高齢であっても社会との接点を持ち働き続けることは素晴らしことです。
暮らしのためだけでなく、生きがいや余裕ある時間の活用としての
お仕事だって、より人生を豊かにしてくれることでしょう。

ですが、やはり人生なにが起こるかはわかりません。

思いがけずお勤めを続けることが叶わなくなることだってあるのです。

20代30代40代のうちから、年金的収入となる不労所得を構築していくという
選択があります。

本業を持ちながらでも構築が可能な、副業ビジネス。

副業ビジネスは今、注目を集めています。
それもインターネット環境を活用した在宅ビジネスです。

自宅のパソコン環境があれば、自宅でビジネス活動が可能です。
労働の時間的・体力的拘束がないことは、年を重ねるごとに
ありがたさをヒシヒシと感じます。
将来の年金的収入に構築できるノウハウとは??
在宅ビジネスで、収入アップも生涯現役でいこう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ