年金的収入源はインターネットの在宅ビジネスで構築

年金は老後の生活を支える収入の柱、となるはずです。
ですが、20代においては80%以上の若者が「年金に期待していない」としています。

027

期待していないのなら、何か対策を考えていますか?

20代では早すぎると思うかもしれませんが、早くから知り、対策を講じれば
豊かな理想の明るい未来が築けます。

年金に対しても、まずは「敵を知る」の気持ちでしっかりと把握していくことで
国や社会を知ることへもつながりますね。
さて、現在年金の受給開始年齢はご存知ですか?
現在は65歳です。

定年が55歳から60歳にまで引き上げられた際に、年金受給開始年齢も60歳から
65歳に引き上げられました。

更なる引き上げは視野に入っているそうです。

2020年の東京オリンピックまでは景気が上向くことが予想されていますね。
高年齢者の雇用増も予想されてますし、実際には高年齢者の雇用の機会は増えて
います。

今後67~68歳への引き上げ、更なる70歳受給開始も考えているそうなのです。

2012年には企業に対し改正高年齢者雇用安定法が成立し、65歳までの雇用を
義務付けています。

元気であれば働き続ける老後が待っているのです。

年金をより知ることで、より収入源を確立することの重要さがわかってくるのでは
ないでしょうか?

自分自身の労働力も60代後半ではガンガン働ける保証はありません。

雇用に頼らない収入確保の自助努力が必要です。

まさに「自分年金」の確立です。
インターネットでの在宅ビジネスは雇用されている若者世代にも副業として
注目を得ています。

副業といっても、個人事業主としてしっかりと稼ぐビジネスです。

稼ぐということは、誰かの役にたち、喜ばれたからからこその見返りであること。

インターネットでのビジネスは、特殊なスキルは必要とはしません。
だからこそ、心を育て、人を育てます。

 

本業と副業のメリットや並行の素晴らしさを知り、一つの収入に固執しない

柔軟に稼ぎ、しっかりと自分自身で年金的収入となる権利収入を構築します。

自分年金構築には、早すぎることはありませんね。

 

権利収入型ビジネスは副業で稼ぎます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ