早ければ早いほど良い年金受給額アップ攻略法!

実は年金対策、若い世代こそ、受給開始までの「時間」を
味方につけて、受給額アップ対策です。

002

受給額アップには、夫婦であれば妻の厚生年金加入期間を
延ばすことが効果的といわれています。

厚生年金に加入できる現在の基準は
「正社員の勤務時間の4分の3以上」働くことですが
16年10月からは
「週20時間以上で月給8万8000円以上」に拡大されます。

フルタイムが難しいパートで働こうとする人にとっては
加入のチャンスとも言えます。

若い頃からのコツコツの勤労が年金受給月額の
1万7000円から2万円ほどアップへとつながる試算がでています。

公的年金が減らされるであろう将来、嘆くばかりではなく
自助努力での「自分年金」を作り上げることも大切なのです。

それが若い世代ほど、準備が楽ということなのです。

パートタイムも無理なら、いっそ自宅で稼ぐのも選択肢の一つでは?
子育て、介護、専業主婦として妻は忙しいのです。
インターネットで展開する在宅ビジネスは、自宅でのスキマ時間を
有効に投資しながら、稼いでいきます。

特別な資格・技能は有しません。

本気で「稼ぐ」と意識をしっかり持っていれば「自分年金」となる
副収入構築が実現していかれるでしょう。

今から構築で、年金ニュースに振り回されない、時間も経済も
自由を獲得します。
在宅ビジネスで自分年金となる権利収入を作る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ