老後の準備資金は2,000万円??

ゆとりある老後の生活費は月平均35万円?

現役を引退して第二の人生「セカンドライフ」には
期待よりも不安を感じている人の方がはるかに多いです。

017

不安の要因は「公的年金だけでは不十分」というもの。

さらに、20代30代の若者になると80%近くが「もらえる期待もない」と
考えているのです。

老後に必要な費用は生活水準の差もありますが、限られた支給年金額
いざ年金生活に入り「お金が尽きてしまう日が来るかも知れない」と
不安な毎日に悩まされることのないよう、自分自身で老後の資金を
しっかりと準備しておきたいものです。

老後の最低日常生活費、夫婦ふたりで必要なのは月平均22万円という
数字がでているようです。

ゆとりある暮らしだと、月平均35万円。

時間があるのだから、旅行や趣味を楽しみたい理想はありますね。

公的年金の受給額の平均としては月額15万円ほどと試算がでています。

この数字は現在の試算です。

私たちの頃にはさらに減額の可能性も大です。

となると私たちは老後の前にどのくらいのお金を準備しておけば良いのでしょう?
定年60歳、85歳までの生活費計算は・・・

約22万円×12ヶ月×25年=6,600万円!!

入ってくる年金(65歳から)20年
約15万円×12ヶ月×20年=4,944万円

準備しなくてはならない金額

6,600万円-4,944万円=1,656万円

他にも、医療費・介護費用・住宅リフォームなど必要になってくる資金もあるはずです。

ざっと見積もり2,000万円!!

もちろん、目安・想定の金額です。

確実なのは、引退後は収入よりも支出が上回るのだということ。

節約しながら貯め続けた貯金を切り崩しながら生活することとなります。
今からしっかりと老後の資金の準備は必要ですね。

どう捻出するか?
収入源を増やすという選択があります。

できれば、現在の仕事に支障なく収入構築ができるといいですよね。
そこで注目が高まっているのが、在宅ビジネスです。

インターネット環境を活用して収入構築を拡大していきます。

これだけインターネットが普及した現代に活用しない手はありません。

どうしてインターネットで収入を生み出すことができるのか??

これには、ネットビジネスの正しい理解が必要です。
まずはコツコツ副業として。

続けることで不労所得に膨らませ、じぶん年金を構築です。
老後資金の準備は、今からだって十分早すぎることも遅すぎることも
ありません。

明るく元気に長生きしたいものです^^

副業で稼ぎたいなら、まず知るべし!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ