【家計破綻に勝つ!】年収850万円世帯が陥り易い家庭破綻!?

家庭破綻に勝つ!主婦が自宅で権利収入を得る方法

あなたは、都心に住む年収800万円~900万円の世帯に含まれますか?

だとしたら、家計破綻する危険な状況にあるかもしれません。。。

047

都内の年収800万~900万円は全体からすると上位層30%にあたり

平均的な家庭よりも恵まれているはずです。ですから

家計破綻する危険な状況などと言われてもピンと来ないのかもしれませんね。

 

この上位層30%のどの世帯にも家計破綻に陥る危険があるということを

実際に、ある共働きご夫婦の例をあげてお話しましょう。

 

ご主人は某建設企業にて開発の部署で働くサラリーマンで年収は約500万円。

奥さまは某ジュエリーメーカーに勤め年収350万円。

都内の賃貸マンションで新婚生活をスタートしました。

二人合わせて世帯年収は850万円ですから、余裕のある生活。
まさか、家計破綻するなどとは・・・

平均よりは上の年収であるが故に、油断があったのでしょうか?

 

このご夫婦の生活が一変してしまったのは、奥さまの妊娠・出産からでした。
子どもは欲しいと二人で希望していたことで、産休や育児休暇で一時的にお給料が減る ということは予想していました。

ところが、そろそろ復職と思っても子どもを預けられない。

都内では深刻な保育園問題・・経済的には助かる認可保育園の空きは無し。

仕方がないので高額だけど不認可の保育園を見学に回ってみると、良いところは
妊娠中からの申し込みでいっぱい!

妊娠中に保育園に申し込み金を払って押さえておくなんて、初めての出産では
なかなか思いつきませんよねー。

一応、キャンセル待ちでも申し込み、空きがでるまでとベビーシッターを
専門の業者に問い合わせてみると、時給¥1500~ でお得なんだそうで

フルタイムで勤務すると・・・毎月30万くらいかかる!?( ̄Д ̄;)

そんなには出せないと、ベビーシッターマッチングサイトを利用して探し

面接を重ねて納得の行く人にしたら、それでも月に15~20万円。

夫婦で働けば、なんとかなるか!頑張ろう!と、奥さまも復職したのですが、

育児のために10時~16時の勤務は認められたものの正社員ではなく
契約社員扱いになり、年収は120万円ほどもダウン。。。

おまけに、休暇中に以前とは違う内容の業務になっていて新人さんも入っていた。

新たに覚えなければならないことや新たな人間関係、まだ慣れない育児が重なり

ストレスで円形脱毛に・・・

 

その後、奥さまはなんとか転職されてらっしゃるそうですが

もし、子どもが私立の学校へ行くことになったら、間違いなく家計破綻だ!!

と、ご夫婦で将来への不安を抱えながら必死で働く日々。。。

残業残業で必死に働いて・・・いつまで頑張り続けることができるでしょう。

がんばるほど時間が無くなることにも気付いていらっしゃいますよね?

子どものためには家族で一緒に過ごす時間や、お母さんの笑顔が必要なのに。。。

035

年収850万円世帯でも、思わぬ事態で家計破綻の危険があるのは、収入の全てが

労働収入だということが根本的な要因の一つにあります。

いくら収入があっても、働けなくなってゼロになるなら同じこと。

では、主婦が自宅で収入を得る方法があり、しかも、その収入が将来の権利収入となり、

労働に関係なく毎月の収入になって行くとしたらどうでしょう?

子どもとの時間を取り戻し、将来におびえるどころか夢を語り合うことができます。

既にこの方法で、誠実に自宅で権利収入を構築し、毎月収入を得ている笑顔の主婦の方々がいます。

【権利収入の構築法】家計破綻に勝つ!おびえる日々から夢を語る日々へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ