残業代ゼロになったらサラリーマンの将来はどうなる!?20代会社員の気持ち

残業代ゼロ政策は、そう遠くないうちに実現し、対象範囲が拡大していくのではないかと
私は予想している。
サラリーマンはどうなる!?
beach01

残業代ゼロ政策というのは、現時点では年収が1075万以上の高い職業能力を持つ人を
対象としているため、この残業代ゼロ政策の導入時点ではおそらく
条件は大きく変わらないのではないかと思う。

そもそも「残業代」というからには「サラリーマン」に影響のある話だと言える。

この残業代ゼロ政策の対象となるのは今のところ、年収1075万以上の方なので、
それほど影響のある人(サラリーマン)は多くないのでは?とも考えられるが、
決してそうではないと思っている。

残業代ゼロ政策が施行されても、実際に残業が減るわけではない。

そういった視点で見たときに、
「残業代 = インセンティブ」と考えると、やはり質の高い仕事を
するには残業代が不可欠だと考えられる。

残業代セロ政策のような経済活動を抑制するような政策が施行されると、
やはり日本全体が貧乏になり、国際社会での競争力も低下してしまう。

そなると、結果として国民一人一人レベルで見ても、貧乏になってしまう。

しかし、日本には巨額の借金があるので、これはある意味避けられないことなのだとも思う。

いま20代の人たちが年金を受け取る歳になったとき、
十分な額がもらえないことは明らかであるし、
競争力を失った日本の企業から、果たして十分な退職金が
もらえるのだろうか?

少なくとも、老後に年金や退職金をあてにしているようでは、
十分な生活は送れないだろうと思う。

では、そういった将来の不安を消すために今からできることといえば、
やはり将来のために継続して入る収入源を確保することではないだろうか?

そう思った私は、様々な副業を数年間探し続けた結果、
今は空いた時間にコツコツと作業することで将来の収入を増やしている。

このおかげで、本業や交友関係に支障なく、将来の不安を無くすことに成功した。

そしてこれは、あなたが将来に少しでも不安を持っているなら
必ず役に立つ情報だと思っている。

【まずは情報を集めることから】
会社員の私が将来の不安を消すことに成功した副業成功術とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ