老後破産を招く、貯められない●●代

恐怖の老後破産

高齢者の4割が老後破産するとされている現代。

長引く不況の影響もあってか、定年を10年後に控える50代の3人に一人は
貯金がないというのが現実だそうです。
今、老後破産を迎えてる人たちは定年まで勤め上げた退職者で2000万円ほどの
蓄えがあった人もいるのです。
蓄えがあっても老後破産になってしまうのはなぜ?

日本人男性の平均寿命は80.21歳にまで伸びています。
定年までに2000万円の蓄えがあってようやく人並みの生活が続けられるかもです。

そこに残っていた住宅ローンがあったとしたら定年までに繰り上げ返済してしまわないと
負債がかさむばかり。

節約に気を配り、日頃から病気にならないこと。
と言っても、健康不安は付きまとうでしょう。

また一人の生活というわけには行きません。
配偶者から、ニートや引きこもりで親の年金を頼る子どもも原因です。
老後破産という恐怖には、早くからの対策が必要です。
生活保護を頼るか?

それよりも、自分で年金的収入となる権利収入を作り出すこと。
節約よりも収入を増やします。

30代でも20代でも対策は早ければ早いほうがいいです。

収入源は一つでは、これからの時代老後破産を免れるのは至難の業です。

自分で稼ぎ出す力を身につければ良いのです。

 

インターネットの在宅ビジネスは、自宅での活動が可能です。

余計な時間の経費の浪費を生まず、自宅で稼ぐ。

在宅ビジネスを正しく理解して、稼げる自分のイメージと合うかを判断してみる。

それからの参加でも遅くはありません。

 

しかし、自分の老後は着実に近づいてます。

何らかの対処をしなくては老後破産で悲しい余生が待っています。

 

自分で稼いで豊かな老後を。インターネットが生み出す自分年金

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ