30代共働き-貯蓄1000万円は欲しい!

30代で1000万円の貯蓄をする方法!

30代の共働きの場合、1000万円貯蓄があればハッピーだという記事がありました。

1000万円の貯金が人生を前向きに変えてくれるんだそうです。

たしかに、1000万円あれば安心感はありますね。
新しい事業をしてみようとか、何かを勉強しなおしてみようとか。

その1000万円は、人生のここぞという勝負を後押ししてくれるというのですが・・・

つまり、貯めた1000万円からローンの繰上げ返済をしたりはしないってことですよね。

子どもの学費も、国内で大学まで行かせるのに、ひとり最低500万円といいますから、2人だと1000万円
1000万円の貯蓄では、使い切る計算になりますから、別に考えるのでしょうね。

海外留学させよう、とかそういったプラスアルファの決断を後押ししてくれる、ということでしょう、

ローンや教育費以外に、自由になるお金として1000万円をキープしておく方法。

旦那さんの稼ぎだけで30台で1000万円の貯蓄が余裕だという家計は稀ですから、これからの若い世代は、副収入源、つまり共働きが前向きな選択肢になります。

奥さんにも収入があれば、旦那さんの万が一に備える保険料も抑えられますし、正社員であれば年金、ボーナス、大企業の共働きともなれば、高額医療費の上限が低く設定されていたりというメリットがあります。

ただ、妊娠も出産も、育児も乗り越えて共働きを続ける覚悟があったとしても・・・

これから先の人生、介護や家族、はたまた自分自身の思わぬ病気など、共働きを継続するには厳しい局面も出てくるかもしれません。

でも、長期的なマネープランは簡単には変更することはできません。

奥さんが正社員での共働きの場合、マンションのローンや、学資などはダブルインカムを前提にしている家庭がほとんどですよね。

そうなると、どちらかが仕事を離れるということは、大きなリスクになります。

共働きの我が家では、そんな時の備えも万全です。

夫はFX、私は、在宅で展開できるネットワークビジネスをしているのです。

家事や育児、本業の隙間時間に、パソコンに向かって活動することで、全国にダウンさんを獲得。

本業や育児と両立できる権利収入は、経済的に安定した人生のとっておきの切り札になっています。

共働きにひそむ経済リスクへの備え方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ