シングルマザーは自宅で稼ぐ!養育費に頼らない収入源確保

シングルマザーの現状

「養育費」を受け取っているのはわずかの19.7%…

シングルマザー、やはり離婚が最も多い原因です。
女性が一人で子供を育てるには、経済力の不安が大きいですね。

働きながら子育ても1人で背負うことは負担が大きいです。

離婚の際に子供を引き取る場合、「養育費」を請求することができますが
実際に、養育費がきちんと支払われているのは、ほんの19.7%という

母子家庭のの実態があります。
父子家庭に至っては、4%なのだそうです。

離婚時に取り決めをしても不払いになってしまうのには、相手の経済状況の変化や
離婚原因から相手との接点を持ちたくない理由から養育費を受け取らないなど
いろいろとケースもあるようです。

シングルマザーたちは、半数近くが非正規雇用のパート・アルバイト。
子供を預ける施設が見つからない、家族のサポートが受けられないとなると
フルタイムでの就労が難しくなってしまうからです。

児童扶養手当という公的な給付金があります。2010年からは父子家庭にも給付されることになっています。

それでも平均年収はなかなか余裕のある額とはなりません。

ダブルワークなどで労働時間の拘束が増える選択を強いられます。

片親であるのに、労働で子供と接する時間がもてず、すれ違いの生活…
子供との時間をもっと大切にしたい。

自宅で仕事ができれば、自宅で稼げれば、子どもの成長に寄り添うことができます。

在宅ビジネスは、特殊な資格・技能がなくともインターネットの環境と、インターネットでの
コミュニケーションがとれれば、収入構築を確立できる可能性を大きくもっています。

最初からパート並みの収入ではありませんが、コツコツと続けること、楽しむことで
よりコミュニケーションスキルと収入をアップさせ続けることができる!なんて、都合の良い話が

実はあるのです。
シングルマザーが子供と一緒におうちにいられる。
子供に節約倹約我慢を強いることなく、共に楽しく暮らせる収入額。

自宅で自分で構築です。

雇用に頼らない、一つの収入源に頼らない、
労働時間給ばかりが収入ではありません。

ですが、これを確立できるには、在宅ビジネスを正しく理解し選択することが

必須です。

 

子どもの成長と共に収入も成長中!自宅でシングルマザーも笑顔で稼ぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ