フリーランスの保育園入園事情

非会社員で子供を保育園に入園させたい。

会社員とは違い、フリーランスで働く女性には
産休も育休もありません。

006

そのままで、保育園入園申請をした場合、今後
仕事に就く予定の人を対象とした「就労内定」に
区分されるのだそうです。
フルタイムの会社員が20点としたら就労内定は14点。
6点は大きな差となります。
どうすればいいのでしょうか?

1月に実施される入園選考会の時点で2ヶ月以上就労を続けて
いる状態であれば「就労内定」ではなく「自営業・中心者」に
区分が出来るのだそうです。

さらに認可外保育園などに、有償であずけている実績があれば
さらに加点が得られるといいます。
働いているを示すために、会社員であれは所定の用紙に仕事内容勤務時間
などを雇用主に記載してもらい、提出で済むが、フリーランスは
「仕事内容や仕事量がわかるもの」を自分で集めなくてはなりません。

仕事内容がわかるよう、資料やメールのやり取りなどをプリントアウトしたり
書類を作成、フルタイムと同等またはそれ以上に働いたということの
証明書を作成したりします。
「第一子出生時の母の平均年齢(13年)」が30.4歳という現代、働けるうちに
働きたい思い。

入園不承諾の待機児童の親子がいる現実。
悩み多き出産にせず、子育ての未来に希望が持てる社会を

仕事にも子育てにも、女性のそれぞれの選択に輝いて暮らして行かれる未来を
築きたいものです。

♦♦・*:..。♦♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♦・*:..。♦♦*゚¨゚゚・*:..。♦
もし、子供の成長を見守りながら収入構築が可能なビジネスがあるとしたら?

いつでもどこでも、どんな環境にも左右されないビジネスです。
子供と一緒にいて、成長を見守れる暮らしを手にいれるには在宅ビジネスという
選択があります。

子育てしながら自宅で収入を得るビジネス。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ