マタハラとはマタニティハラスメントの被害に遭わない在宅ワーク

厚生労働省の報告ではマタニティハラスメント(マタハラ)の相談が
年間に3000件もあると言われているようです。
相談しない人もいると思いますから氷山の一角といえるでしょう。
kawaguchi
私のプロフィールはこちら

マタニティハラスメント(マタハラ)とは

セクハラやパワハラという言葉がありますが
マタハラとは、マタニティハラスメントの事を
言います。

マタニティハラスメント(略称:マタハラ)とは
働く女性が妊娠や出産を機に、解雇されたり、
精神的被害や、身体的な嫌がらせをされたりする
ハラスメントの事です。

実際にマタニティハラスメント(マタハラ)の被害
あった女性の話しですが、

妊娠を機に降格されたことを不当だと事業主を訴え裁判をおこし
最高裁で、よほど業務に支障がない限りの不利益な扱いは
許されないという判決が示されました。

妊娠中や産休後に会社で受ける傷つけるような言葉の被害や言動、
解雇や契約の打ち切り、自主退職へと誘導する行為などは
すべて、マタニティハラスメント(マタハラ)になると
言われています。

厚生労働省でもマタハラについては雇用主への
指導を強化する方向性に働きかけているようです。

マタニティハラスメント(マタハラ)で不当解雇をされたと
女性が被害を訴えたところで、会社側が「能力不足が理由」などと
反論して、女性が泣き寝入りをするケースも少なくないのだとか。

マタニティハラスメント(マタハラ)の被害件数は

厚生労働省によると、全国の労働局に2013年度に寄せられた
マタハラ関連の相談は約3000件にも上ると言われています。

こうした問題がさらに少子化に繋がってしまうのかと思うと
残念でなりませんね。

国や社会が女性が妊娠出産をしやすい職場や環境づくりにさらに
力を入れていかないといけないと思います。

こうしたことからも、妊娠出産を機に職場で働くことをやめて、
在宅ワークを探す主婦も増えていますね。

確かに職場にいながらマタニティハラスメント(マタハラ)の
被害に遭う可能性を考えると、

在宅で収入を得られる仕事にシフトチェンジするのも
1つの方法かもしれません。

在宅ワークで会社員時代の年収を稼ぎ出す

小さい赤ちゃんがいるママでも隙間時間を使って
自分のペースで取り組める在宅ワークなら
ゆとりのある生活をおくることができますからね♪

妊娠出産後、仕事を辞めてしまうと社会とのつながりが
なくなり、ストレスを感じる女性もいます。

そういった外へ仕事へ行きたくてもいけないけれど
働きたい、仕事をしたい女性に最適なのが在宅ワーク
かもしれませんね。

【必見】知らないと損をする稼げる在宅ワークの秘密情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ