詐欺師テクニックフット・インザ・ドアテクニックは正当に使えば儲けテク!

私達は実は、知らない間に洗脳されていたり、誘導されていたりすることがあるのです。

85121683_624それが詐欺師テクニックフット・インザ・ドアテクニック!詐欺師は本当に、相手の心理を操るから面白いですよね。きっと詐欺師は心理学を勉強している!!!と思ってしまうほど(笑)

フット・インザ・ドアテクニックは「こんなもの買うつもりじゃなかったのに~!」というものを買ってしまったときや、通販テレビを見ていると、つい、ほしくなる原理!あれがフット・インザ・ドアテクニックですね。心を誘導されているのです。

※通販は詐欺師じゃないですよ?!詐欺師テクニックをうまく利用した模範の模様なものですね。

 

詐欺師や占い師が使っているフット・インザ・ドアテクニックはコミットメントと一貫性の原理!これが詐欺師テクニックです。

 

詐欺師テクニック『フット・インザ・ドアテクニック』とは?!

 

フット・インザ・ドアテクニックとは、『多段階欲求』とも言われ、セールスマンがお客様の家のドアの隙間に足さえいれてしまえばあとはこっちのもの♪という例えからきてる戦略です。

 

なぜなのか?!それは、人は一度でも相手の欲求、お願い事を承諾してしまうと、後のお願いは断れなくなる、断りにくくなる!という心理(コミットメントと一貫性の原理)があります。

 

この心理を活かしてやるべきことは、”小さなお願い”ですね。

まずは誰でも受け入れられる小さな欲求(お願いごと)を順番にしていき、結果的に自分が契約させたいもの(大きな欲求)を無意識に承諾させるテクニックです。
(フット・イン・ザ・ドア・テクニック)

 

 

例えば

アナタ
『すみませんメニュー
取って頂けますか?』

お客様
『ハイ、どうぞ』

アナタ
『ペン借りてもいいですか?^^』

お客様
『ハイ、どうぞ』

アナタ
『この企画書読んで頂けますか?^^』

お客様

『ハイ、ちょっと待ってくださいね。』

セールスやプレゼンをしてから

アナタ
『いかがですか?^^
使ってみませんか?^^』

 

このように、お願い事をだんだんと大きく、そして、ビジネスに持っていくのです。

 

他にもお洋服屋さんでもこのテクニックは巧みに使われています。

 

店員
『今日は何をお探しですか?^^』
(お客様の口から
コミットを言わせようとする)

店員
『お客様に似合いそうなものを
持ってきましょうか?^^』
(お客様は探してると言った手前
断れない)

店員
『せっかくなので試着してみませんか?^^』
(わざわざ持ってきて貰ったので
断れない)

店員
『良かったら試着室から出て
鏡の前に立ってみてくださいね^^』
(外に出てこさせてベタ褒めすることで
断りにくくする)

店員
『とってもお似合いですね^^
どうです?^^
お買い求めされますか?^^』
(ここまで来ると断りづらく、断る理由が思いつかない)

 

こちらもフット・イン・ザ・ドア・テクニックの魔力ですね。

 

まずは第一の要求を受け入れてもらう。

次にこのお客様達に買ってもらいたい商品のセールスをかけていくと購入率はグンと上がります^^

ネットビジネスでも同じですね^^

 

まずは

無料の価値ある情報を提供し
(フロント)

次にお金がかかる商材を
(バックエンド)売っていく。

 

フット・イン・ザ・ドア・テクニックは人対人のビジネスであればリアルでもネットでも多くの場面で利用できます。

これを知っていると、仕掛けられているときに気づけることもできるのでオフラインでも有効ですね!^^

 

そして、ビジネスで成功するのであれば仕掛ける側に回ってみましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ