お役立ち情報!申請するともらえる手当金

申請しないともらえない手当金のリストはご存知ですか?

■月額15000円もらえる児童手当
2012年に「子ども手当」から「児童手当」に変わり、申請しないと
お金を貰えなくなりました。

対象は、日本国内に住む0歳以上中学卒業まで
■医療費が無料になる子どもの医療費助成制度
自治体によって助成される対象や所得制限などがことなりますが
小学校もしくは中学校卒業程度まで

医療費の全額補助もしくは一部補助
■42万円もらえる出産育児一時金
健康保険の被保険者または被扶養者で妊娠4ヶ月以上で出産した場合
■給与の3分の2がもらえる出産手当金
勤務先の健康保険に加入している会社員や公務員

産前42日、産後56日の間、標準報酬日額の3分の2

■医療費が81,000円で住む高額療養費制度
健康保険や国民健康保険などの被保険者
一ヶ月の医療費負担額が一定金額を超えた場合その金額が
高額療養費として戻ってくる

一ヶ月の医療費は81,000円で済みますが、267,000円を超えた場合は
超えた分の1%を負担する必要はあります。
■10万円を超えると可能な医療費控除
一年間でかかった家族全員の医療費が10万円を超えると、超えた分の
医療費をその年の所得から差し引け、税金が安くなる制度

■1年6ヶ月支給される傷病手当金
治療や入院で休職しなければならない場合、日給の3分の2程度の金額
1年6ヶ月を限度として支給される

■月額49,500円の障害年金
初心の時点で年金に加入している人。
保険料を決まった期間払っており障害の等級に当てはまっている人。

■90日から360日もらえる失業給付金
退職した日以前の1年間に被保険者期間が通算して6ヶ月以上あること

■給与の約40%がもらえる介護休業給付
家族の介護で会社を休んだときに、給料が下がった場合や全くもらえなかった
ときに支給されるもの

■10万円の生活費ももらえる求職者支援制度
ハローワークの指示により、求職者支援訓練方は公共職業訓練を受講している人
それぞれ制度は詳しく書かれたサイトなどでしっかりご確認くださいませ。
意外と知らないものもありますね。
国や健康保険組合が準備している手当金です。

該当するのであればしっかり申請して頂きましょう。
知識として情報を得ていると、いざという時にお金が頂けるのは
助かります。

いざという時は、突然くるものです。
その時のためにと限られた収入で支出を抑えるばかりでなく、

あなた自身の収入を増やすことも考えてみませんか。

収入が増やせれば、経済にも暮らしにもゆとりを得られます。

収入を得るのが自宅のパソコン前であると、日々のスキマ時間が
活用できますね。

インターネットで展開する完全在宅ビジネス。
完全在宅ビジネスで副収入を獲得するには、ネットビジネスへの
正しい理解も必要です。

完全在宅ビジネスを選んで自宅で稼ぐ主婦の日課は?

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ