派遣社員は3年ごと?!自力で稼いで不安ループからの脱出法

労働者派遣法改正案成立の見通のようです。

企業は人を入れ替えれば、ずっと派遣を使えるのに対し、
労働者は3年ごとに行き先を探さなければならない。
という内容らしいです。

044

 

業種によって企業が派遣を受け入れる期間がいろいろだったのを
一律3年とすることは、今まで専門性が高く、期間制限がなかった
業務についている派遣社員にとっては、派遣会社と無期契約に
ならない限り、職場を変わる必要が出てきます。
この状況の労働者は40万人いると見られています。

改正案
1.派遣先に直接雇用を依頼
2.派遣会社で無期雇用
3.新しい派遣先の紹介
といった措置を派遣会社に義務付ける。

「雇い止め」への懸念も広がります。

3年ごとに、行き先を探さなければならない不安、ずーっと抱えますか?
最長3年働けることでキャリアアップを考えてもらう、という政府の発想は
現実を直視していないと感じられて仕方がありません。

雇われない働き方、稼ぎ方の選択肢はありますか?

日本の雇用慣行は、そう簡単には好転していくとは考えられません。

自力で稼ぐ力を身に付けるのも、不安解消の近道になるのでは?

インターネット環境があれば在宅ビジネスが可能です。

労働を増やさず、ビジネスシステムを活用して自宅で稼ぎ続ける。

通勤時間にも、天候にも、振り回されなくとも、安定した収入が
得られる手段。

働き続けなくとも、稼ぎ続ける術は、インターネットにあります。

 

主婦が稼ぎ続けている在宅ビジネスとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ