頼りの現金給付事業の死角って??

現金給付事業には死角がある?!
新聞記事で気になった見出しでした。

低所得であったり子どもの育成の足しに頼りたい国からの給付事業の数々…。

034

例えば一人当たり年6000円を国民2200万人対象に配るには、
総額1320億円に対してのコストは373億円。

一人に6000円を配るのに費用は1700円ということです。
厚生労働省によれば、対象者の把握、審査などとのこと。

15年度予算案には子育て世帯に対する臨時特例給付措置も
盛り込まれているそうで、子供一人に年3000円の支給に対して
489億円配るのに98億円のコストをかけます。

お金を配る給付事業は、低所得者向け事業として
助けとなる良いものの良いに感じますし、もらえることがありがたい
対象の人がいることも事実です。
この事業に発生するコストは、納税者であるみんなが結局は
負担しているということを、意識することも必要と新聞記事にもありました。

こうなったら、

節約や給付に頼るよりも、自分自身で収入を増やす

選択を知ることも大切です。

インターネット環境が当たり前となった現代です。
この環境を活用して、自宅で稼ぐのです。

特殊な技能・資格は要しませんが、本気で稼ぐという気持ちは必要です。

なぜなら、パソコン前での活動は自宅の好きな時間で可能です。
はじめの時期はこつこつとした準備と基盤作りが必要です。

今でなくても明日でいいか~。誰にも文句も言われないし。
いいんですよ~いつまでも節約と時間給労働でいいのなら。

働いた分だけお給料が手にはいりますからね。
でも、思いがけずの病気やケガ、それは自分自身だけでなく、お子さんや
親御さんであることもあるのです。

働きに出られなくなれば、お給料も減るばかりです。

はじめのコツコツが将来の不労所得・権利収入へと成長させることが可能な
在宅ビジネスは、大切な自分時間、家族との時間も心豊かに得られるのです。

国の給付に頼るばかりでなく、自分で稼ぎ力を付ける自助努力を!
自宅で子どもの成長とともに稼ぎも成長させる!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ