「育児の悩み」の記事一覧

働かなくても収入を得るしくみ??に頼らない在宅ビジネスのススメ

国民が、最低限の生活に必要な資金とは、いくらなのでしょう? 「ベーシックインカム」構想 政府が国民に対して無条件で最低限の生活に必要な資金を定期的に 支給するのが「ベーシックインカム」です。 食べるのに困ることがなくなり・・・

夏休み!一番困るのが働くママの子どもの預け先?!

もうすぐ夏休み!あと2週間もしないうちに夏休みになりますね~。 そんな夏休み!子どもにとったら嬉しいはずの夏休みですが、働くママにとったら・・・困る!!という人もいるのでは?!   だって、「子どもが休みだから・・・

在宅ビジネスのススメ!シングルマザー月収10万円の壁

シングルマザー月収10万円の壁! 専業主婦から一転、離婚を経験し、シングルマザーとなったら… 経済の不安が大きいですね。 仕事を続けていた人ならば、引き続き頑張れるベースがありますが、 離婚を機に仕事を探すとなると、どう・・・

日本はなんと●●●位!日本の男女格差は縮まっていない事実

日本は男女格差の大きい国なのだそうです。   男女平等の度合いを示すランキングでは世界142カ国のうち 先進国では、104位。 現在、育児休業の制度などが整ってきた感もあるし、女性の 社会進出も進んだ印象もあり・・・

生涯年収は正社員同士でも大差がでる!幸せな働き方は選択できる。

女性の幸せな働き方を考える。 今は、ママとなっても「働き方」を選ぶことができます。 どうせ働くならあなたらしい働き方を考えるべし。 結婚・出産・育児と多くの人生の転機を経験する私たち女性。 それぞれの人生に添う働き方を選・・・

マタハラとはマタニティハラスメントの被害に遭わない在宅ワーク

厚生労働省の報告ではマタニティハラスメント(マタハラ)の相談が 年間に3000件もあると言われているようです。 相談しない人もいると思いますから氷山の一角といえるでしょう。 私のプロフィールはこちら マタニティハラスメン・・・

頼りの現金給付事業の死角って??

現金給付事業には死角がある?! 新聞記事で気になった見出しでした。 低所得であったり子どもの育成の足しに頼りたい国からの給付事業の数々…。 例えば一人当たり年6000円を国民2200万人対象に配るには、 総額1320億円・・・

子供の教育費稼ぐためなのに痛い初期投資!という出費

教育費の足しにしたいパートタイムにアルバイトも 新しい職場には「初期投資」がかかりますね。 先日、主婦の友人とおしゃべりお茶タイムの時、 新しいパートの面接が通って来週から勤務に出るとのことでした。 今までは自転車で通え・・・

良い母親にならなきゃというプレッシャーに悩んでいませんか

家事、育児をしながらできる、在宅で経済的に自立する方法 誰もが持っている、「こうあるべき」というプレッシャー。 今日、テレビで取り上げていました。 良い母にならなきゃというプレッシャー、かなり大勢の子育て主婦の方が苦しん・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ