シェアする●●で新たなキャリア開発

シェアする●●で新たなキャリア開発

022
断捨離が2014年は注目されました。
不要なものを手放す。手放すことで新たな事・物が受け取れるという考え方。

企業でも「ジャスト・イン・タイム」という生産方式があります。

必要なものを必要なタイミングで製造することで、在庫を極限まで減らす方法です。

在庫コストの圧縮と、生産プロセスにムダがない状態ができるのです。

シェアという考え方として、「都心での車」の所有からシェアも広まっていますね。
所有することのコストの高さから、レンタルやシェアで済ませ合理的にしています。

シェアの考え方は、物以外で広まってきています。

必要なときに必要な人材を調達する企業も増えてきているのです。

個人としてもその変化に対応していく必要があるということです。

必要な人材とは?

抜きん出た専門性を持つ人材といったところでしょうか?
広く浅くではなく絞り込んだ深いスキル。
足りないところは、他の人が補ってくれます。

ジェネラリストよりもスペシャリストです。
そして情報もシェア。

インプットしたら、どんどんアウトプットすること。
出し惜しみはしない
また、自分には価値がなかったとしても、他人には有力な情報かもしれません。

抱えている情報に満足しないことです。

情報をたくさん持っているから発信ができるのではなく、よく発信するからこそ
情報が集まってくるのです。

自身をシンプルにすればするほど、必要なものが受け入れられるのですね。
在宅ビジネスでは、まさにインターネットでの活動です。

多くの情報を目の前で獲得することができます。

私たちは日々変化する情報をキャッチし、シェアすることで
流動的な業界で活動を続けています。
特殊なスキル、資格もなくとも、在宅ビジネスのスペシャリストとして
活躍が期待できるのも面白さです。
在宅ビジネスは、インプットとアウトプットを繰り返し、自身の考え方は
シンプルに、ライフスタイルはより豊かに!を獲得します。
自由な時間と経済の獲得。

喜びをシェアする権利収入獲得の在宅ビジネス成功のノウハウとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ