ネットワークビジネス、製品のリピート不要なら楽に成功できる?

tahiti02ネットワークビジネスは自分のネットワークを作り、その中で製品の流通があると、報酬をもらえるというビジネスです。

では製品の流通が無ければ報酬は?もちろんありません。

 

製品の流通とは、自分の傘下のグループの中で誰かが製品の購入をするということです。

 

さて本題に入りましょう、ネットワークビジネスなのに、製品のリピート購入しないで参加できるビジネスがあります。

通常は、製品を自分自身が愛用し、毎月リピート購入をすることが、ビジネス参加の最低条件の会社がほとんどです。

 

でも、製品はどうでもいい、稼ぐことさえできればいいんだという人もいるでしょうから、製品を購入しなくてよい、なんていうネットワークビジネスが出現するんでしょうね。

製品のリピート購入をしなくてよいというのはいっけんメリットと感じるでしょうが、ネットワークビジネスにおいてはデメリットにもなりうると思います。

どうしてデメリットなのでしょう?ここで大きな問題点に気が付きませんか?

 

もしあなたが製品を買わなくて良いことに魅力を感じて、ネットワークビジネスに参加したとします。
あなたは組織を作らなくてはいけませんので、ダウンさんを探すわけですが、ダウンさんを誘うときに、同じように「製品の購入義務は無いんですよ」と誘います。

どうでしょう?あなたが製品をリピートしなくてよいことを魅力にビジネスに参加したわけですから、ダウンさんも同じようにに考えるがある意味普通ですよね。

するとダウンさんが出来ても製品の流通は発生しませんので、当然のこととして報酬も発生しません。

 

以前ネズミ講として摘発された年金たまごなどもそうですが、利益の無いところで収入が発生することはありえません、もしそんなことをすれば、年金たまごのように破綻し、多くの人が被害者になります。

 

誤解しないでくださいね、製品の購入やリピートの義務がないネットワークビジネスが怪しいとかダメだと言っているわけではありません。

 

製品のリピートや購入の義務なく取り組めるネットワークビジネスは実在します。

 

しかし会社が利益を上げるから報酬が支払われるのであって、製品の流通の無いところでは報酬は支払われませんので、組織を大きくして、組織の中で製品購入の流れを作るのにとても時間がかかるのは火を見るより明らかですよね。

「製品のリピート購入義務はありませんよ」と人だけ集めても、中々収入には結びつかないのです。

そもそもネットワークビジネスとは、良質の製品を愛用し、その良さを知りあいに広めて下さい、広めてくれたら、広告費など余分な経費がかからないので、その分あなたに謝礼を支払いましょう、概ねこういった考えで展開されてきたものです。

製品を無視(製品の購入はしなくてもよい)という考え方自体がネットワークビジネスの理念から逸れていると私は思います。

さて製品購入不要のネットワークビジネスで成功は出来るのか?という疑問ですが、もちろん不可能ではないと思います。

しかし親切そうなシステムにもデメリットは存在します。
メリットとデメリットを比べて、自分にとってより成功しやすいビジネスを選択することが成功への早道です。

 

人脈が無い人でもダウンを増やせる、インターネットを利用した成功法とは!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ