ネットワークビジネスで拡大を続けるのは報酬と●●

11月23日は勤労感謝の日として祝日となっていますね。

古来より11月23日は「新嘗祭」
この日は、五穀豊穣に感謝をする「新嘗祭」が執り行われていた日です。

勤労感謝の日が制定されたのは1948年です。

当時ご存知のとおり日本は米軍の占領下にありました。

占領軍は天皇行事・国家新道と結びついたとされる新嘗祭を切り離すために、
米国のLabor Day と Thanksgiving Day という祝日を考案し
これを和訳したのが「勤労感謝の日」となったと言われています。

 

a0001_009949
私たちの先人は米を作り暮らしていました。

私たちの命は古来より、米や野菜、肉や魚、それらの命をいただき
保たれています。

命の源であるお米を作るすべての者が神に感謝する。

その日が新嘗祭です。

日本人はこの祭祀を最も大切な祭祀と位置づけてきました。

「祈願」よりも「感謝」を最優先にしてきたのです。
この祭祀は天皇陛下の元で執り行われ、全国の神社でも同じことを行いました。

そして代々の天皇の口から口へと伝わってきたのだそうです。

この「新嘗祭」までは新米を食べることはなかったのだそうです。
この事実を知ったとき、ボジョレヌーボの解禁に盛り上がるよりも
大切なことを忘れてしまている気がしました。
新嘗祭を迎えて新米をいただく解禁日になったら大きな感謝に気づける
ような気がします。

「感謝」を感じられると言えば、完全在宅のビジネスも然りです。

在宅ビジネスは勤務に出向く時間の拘束がありません。

それは、天気にもご家族の健康やハプニングにも振り回されることがないのです。

これが実現となった時の感謝はとても大きなものです。

自宅にいながら、家族のそばにいながら、ビジネスで報酬を獲得できる。

そして、その感謝を拡大することができる在宅ビジネスです。

多くの同じ悩みを持っている人たちに、在宅ビジネスでの感謝の連鎖を作り出します。

在宅ビジネスで拡大するのは報酬と感謝の輪

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ